中野ブロードウェイ3階北東角にこの世とあの世を結ぶ特殊画廊「墓場の画廊」

【12/1~】ミラクルロボットフォース 資料展(仮)

「ダイアポロン」「メカンダーロボ」「マシーンブラスター」「ギンガイザー」の70年代ロボットアニメ4作品が、約40周年記念コラボプロジェクト『ミラクルロボットフォース』として集結。LINEスタンプやテーマソング制作決定など、話題を呼び始めているこの企画が墓場の画廊に降臨!!
40年前の貴重な設定資料など初公開物が多数登場?!もちろんオリジナルグッズも多数登場予定!!

「ミラクルロボットフォース」公式HP
miraclerobot-force.com/

【作品紹介】
■UFO戦士 ダイアポロン
『美味しんぼ』『男組』などを手掛けた雁屋哲氏の原案を、『喰いしん坊!』で第36回日本漫画家協会賞を受賞した海堂りゅう氏が作画した漫画『銀河戦士アポロン』を原作としたアニメ。主人公や合身後のダイアポロンのモチーフとしてアメフトのプレイヤーを採用したり、ダイアポロンの代名詞でもある『合身』(複数の人型ロボットが合体した巨大ロボットに主人公が一体化)という設定を取り入れたりと、それまでのロボットアニメにはなかったオリジナリティに満ちた作品。

■合身戦隊メカンダーロボ
公害によって生まれた謎の生物に創られた組織・コンギスター軍団に支配された、銀河系の星・ガニメデ。 さらに地球をも侵略してくるコンギスター軍団と戦うのが「メカンダー」たち。 そのメンバーのひとりであるジミーはガニメデの王子であり、コンギスター軍団の女将軍はジミーの母という設定で、親子の愛とはなにか、人類愛とはなにかを追求。 低学年生でも理解できるドラマ性とロマン、スピーディーなアクション展開が特徴的な作品。

■ブロッカー軍団Ⅳ マシーンブラスター
日本アニメーション(株)初のロボットアニメ。メカニックデザインには大河原邦男氏が参加。

■超合体魔術ロボ ギンガイザー
日本アニメーションのロボットアニメ第2弾。主題歌にささきいさお氏を迎えたほか、主人公声優に井上和彦氏を抜擢(井上氏にとって初の主人公役)した作品。

【イベント名】ミラクルロボットフォース 資料展(仮)
【会期】12/1(金)〜12/19(火)

©1976 雁屋哲・エイケン ©ワコープロ ©NIPPON ANIMATION CO., LTD.

トップへ戻る