中野ブロードウェイ3階北東角にこの世とあの世を結ぶ特殊画廊「墓場の画廊」

徳光康之デビュー30周年記念原画展「最狂超プロレスファン烈展」2017年3月17日(金)~3月31日(金)

retsuden_banner_739x600

=====================
・ゲストトークバウト第1戦:vs 柳澤健
『1984年のUWF(文藝春秋)』を上梓した柳澤健さんをゲストにお呼びしたトークショー&サイン会を開催します。会場限定「烈伝」仕様のオビが巻かれた『1984年のUWF』を販売予定。

日時:2017年3月18日(土) 15:00~16:00
会場:墓場の画廊
料金:無料
出演:柳澤健(作家)、徳光康之(漫画家)

・ゲストトークバウト第2戦:vs 須田信太郎、PEN D.A.F
プロレスをテーマにしたマンガ『ウルティモ・スーパースター』を執筆された須田信太郎さん、少年ジャンプルーキーにてプロレスファン漫画『カラーアンドエルボー』が掲載されたPEN
D.A.Fさんをお呼びしたトークショーを開催します。

日時:2017年3月25日(土) 15:00~16:00
会場:墓場の画廊
料金:無料
出演:須田信太郎(漫画家)、PEN D.A.F(漫画家)、徳光康之(漫画家)

※両日とも会場内で5000円以上お買い上げのお客様に整理券を配布。混雑時は入場制限あり。
=====================

1991年「月刊少年マガジン」誌上にて連載を開始して以来、その熱すぎるプロレス愛と深すぎる元ネタで同時代のマニアックなプロレスファンの共振と狂信を呼んだ伝説の漫画「最狂超プロレスファン烈伝」。コミックス全3巻が刊行されたのち、1999年にはまんだらけ出版から新たに第4巻を加えた復刻版をリリース。現在では電子書籍化やクラウドファウンディング等を駆使し、ネット上を主戦場とした新たなリングに立ち続けています。

今回は原作者である徳光康之デビュー30周年を記念して、「最狂超プロレスファン烈伝」1~3巻の原画を中心に生原稿の展示会を開催します。会場では、Tシャツやステッカー、キーホルダーなどの展示会オリジナルグッズの販売、また作家在廊中のサイン会やトークイベントも予定しております。是非ご来場ください。

【プロフィール】
徳光康之(とくみつ・やすゆき)
漫画家。1963年大阪府生まれ、佐賀県育ち。現在は広島を拠点に活動。佐賀大学アニメーション研究会出身。『いきなりバックドロップ犬』で1987年に『月刊少年マガジン』(講談社)よりデビュー。プロレスやアニメ『機動戦士ガンダム』などを題材に、マニアックなネタを盛り込んで描く作風が特徴。本人自身がディープなオタクであり、自らの経験を基にしたルポ漫画などもこなす。代表作に『最狂超プロレスファン烈伝』『メガホン侍の虎』『濃爆おたく先生』『妹ガンダム』他。

◆イベント概要
展示会名:徳光康之デビュー30周年記念原画展「最狂超プロレスファン烈展」
会期:2017年3月17日(金)~3月31日(金)
料金:入場無料
営業時間:12:00-20:00(最終日のみ15:00終了)
会場:墓場の画廊
東京都中野区中野5-52-15中野ブロードウェイ3F
問い合わせ:03-6825-5700/info@hakaba_gallery.jp

トップへ戻る